« 2009年2月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年3月

涙なみだの卒園式

今日は長男の幼稚園の卒園式でした
夜中の4時までコメディのプロットを書き
ちょっと寝たと思ったら朝の7時に起床!
慣れないスーツを来て家族全員で幼稚園へ

名前を呼ばれ、しっかり返事をし、卒園証書を
受け取る立派な息子にウルウルくるのは完全に
親ばかでっす。でもしょうがないんです、ウルウル
きてしまうんですから。かと思えばそんな時に
睡魔っていうのは襲ってくるんですね。そして
式に飽きた長女をあやしながら、何とか眠らずに
済みました。来月から小学校か…しかも僕自身が
通っていた学校に行くので、ちょっと感慨深いものが
あります!

さて!今日は『放送室」の編集をしたんですが、遂にあと
2回!これを編集してしまうと、もう1本しか残って
いない…何だか悲しいです。あ〜〜〜〜早く復活して
ほしいです…何て思いながらいつもより丁寧に編集しようと
思っていたら、意外とバッサバサと切れて(放送出来ない
内容が含まれていたため)意外と早く終わってしまいました。

帰って引っ越しの荷造り。そうなんです!引っ越すんです!
もう仕事と子供の事と家の事でワヤクチャな一週間です


重ね重ねありがとうございます

「放送室」終了に寄せて、暖かいお言葉
叱咤激励の数々、本当に痛み入ります。
僕ら製作陣が皆さんを番組を通じて勇気づけないと
いけないのに、逆に皆さんからたくさん励まされました
本当にありがとうございます。
でも僕個人として復活をマジで信じていますので
ちょっとした休憩と考えてます。だから皆さんも
あまりしんみりならないように。
大丈夫です!絶対復活する…そう信じましょう。
ジョンレノンも言っていました
『一人で見る夢はただの夢だけど
 みんがが同じ夢を見たら、それはもう夢じゃない』


ありがとうございます

『放送室』の終了が決まりました。OAでお知らせした反響が
このブログでも関係者の皆さんからも頂きました。

8年近くに渡り続いてきました「放送室」の終了は僕自身も
大変ショックです!何とか存続してほしいと、いろんな動きを
模索していたんですが…力及ばず申し訳ありませんでした。
放送でも言っていましたが松本さんにとって20年近く
近況を喋るという事に、ちょっと疲れたんだと思います。
僕の予想ですが、きっと復活出来ると信じていますし
すると思います。

でもリスナーの方が一番ショックですよね、すいません。
僕も今度発売する「放送室」のCDのライナーで『これからも
放送室をお願いします」的な事を書いてしまい、
すいませんでした…終わるのが決まった時には、もう出荷が
終わってまして…その位の勢いで終わる事が決まった訳なんです

でも大丈夫!何らかの形で復活すると松本さんも言っていたし
僕も出来る限りなんとか早期復活のために頑張るつもりです
それまでの間、しばらくお待ちください

8年間、本当にありがとうございました

長谷川朝二


らくごのら

長男を幼稚園へ送った後、長女の検診で病院へ。
ことのほか時間がかかり朝の11時に終わり、
そのままかかりつけの歯医者へ。
前歯が折れてしまってインプラントする事に
なったんですが保険がきかず20万円との事!
歯って何で保険効かない治療が多いんでしょうか

そのまま砧のTMCへ。ダウンタウンDX収録。
4月最初のOA分という事もあり、ゲスト陣が
スペシャルのごとく豪華!さらに3/19は沖縄から
生放送!ぜひご覧ください。

さて最近、僕の周りでは空前?の落語ブーム。
僕も落語は大好きで事務所にはいろんな師匠の
落語のCDがあります(大半は事務所の社長のものですが)。
久しぶりにそんな中から小三治師匠の「芝浜」と志ん朝師匠の
「お見立て」を移動中の車の中で聞いていました。

おもしろいというか聞き入ってしまい、最後のサゲの時には
鳥肌が立ってしまいます。小三治師匠は女の登場人物の表現が
とっても上手です。夫婦の人情モノの噺なら小三治師匠を
お勧めします。
「お見立て」で花魁が客に会いたくない理由を息もつかずに
一気にまくしたてる所はまさに圧巻!大ネタなのでいろんな
師匠が演目にしていますが、僕は志ん朝師匠をお勧めします
落語はいいですよお。お時間がある方は是非聞いてみてください


« 2009年2月 | トップページ | 2009年10月 »